AWSのクラウドデータベースの強みとは

img-1

AWSのクラウドデータベースは柔軟に対応できるプラットフォームです。



現在、インターネットビジネスでは多くのユーザを抱えることが必要となります。

数百万人規模のユーザに対してサービスを提供していくことが必要となりますし、そのためには多くの設備投資が必要となります。


もしも自社でサーバーを設置してデータベースを構築するとなると、管理担当者を置かなければなりませんし、初期投資も大きくなります。
AWSのクラウドデータベースを利用した場合、これらのコストをかける必要はありません。ハードウェアを管理する必要はありませんし、サーバーを管理するための技術者を雇う必要もありません。



これによってコスト削減につながることはもちろんのことです。



初期投資を抑えられるだけではなくて、運営コストも抑えられるという点に注意が必要です。



たとえば、サービスが好況で、ユーザが増えた場合を考えて見ましょう。オンプレミスのサーバーを設置していたのであれば、もちろんですがサーバの増強が必要となりますから、この時点でコストがかかります。



AWSのクラウドデータベースであれば、シームレスにデータベースのサイズを大きくすることができます。



逆も又しかりで、ユーザが減った場合には、データベースのサイズを小さくするのも簡単です。



浮き沈みの激しいインターネットの世界では、このようにしてサイズの可変性が高いことは非常に魅力的なことだと考えられます。



関連リンク

img-2
EC2の対応スケールについて

小さい規模で成立したことが、大きい規模では成立しないといったことは、コンピュータの世界だけではなく、色々なところで観察されることです。規模が大きくなってきたときに、どのように対応していくのかを考えていかなければならないのですが、そのためのものとしてEC2は優れています。...

more
img-2
AWSのクラウドデータベースで固定費を削減

経営を行う上で固定費を削減することは非常に大事なことです。もしも売り上げが減少した場合、固定費が大きいとそれが経営にダメージを与えることがあります。...

more
top