AWSのクラウドデータベースのメリットについて

img-1

AWSのクラウドデータベースの特徴は、無料で利用できる点にあります。

従来のデータベースは、基本的に自社で構築するかまたは有償のホスティングサービスを利用するしか方法がありませんでした。



しかも、これらのデータベースは他の社内システムとの互換性が各印できていないものが多いため、導入時には多大な労力のかかるテストや移行を行う必要があり、またデータベースの維持管理も非常に労力が必要なものがほとんどでした。



AWSのクラウドデータベースは、AWSで提供する様々なアプリケーションと互換性を持っているため、AWSを利用しているユーザーであればそのシステムに連携して簡単に導入や移行が可能です。



また、良く利用されているフリーのデータベースMySQLとも高い互換性を示すため、移行に関しても非常に簡単に可能な場合が多い物です。



クラウドデータベースの利点は、データベースシステムの維持管理を社外に委託できるため、社内に専任の管理者を置かなくてもデータベースの維持管理が出来ることにあります。



今までシステムの管理者の人件費は非常に経営を圧迫していたといっても過言ではありませんが、そのシステムは非常に重要なものであり、この維持管理の人件費を削減することは不可能でした。



しかし、クラウドコンピューティングの進化により、様々なシステムの運用が外部に安価に任せることができ、より少ないリソースでシステム化されたビジネスを行うことが出来るようになりました。



AWSとクラウドデータベースを連携することでより効率的なビジネスを実現することができます。



関連リンク

img-2
AWSのクラウドデータベースで固定費を削減

経営を行う上で固定費を削減することは非常に大事なことです。もしも売り上げが減少した場合、固定費が大きいとそれが経営にダメージを与えることがあります。...

more
img-2
EC2の対応スケールについて

小さい規模で成立したことが、大きい規模では成立しないといったことは、コンピュータの世界だけではなく、色々なところで観察されることです。規模が大きくなってきたときに、どのように対応していくのかを考えていかなければならないのですが、そのためのものとしてEC2は優れています。...

more
top