AWSのクラウドデータベースでコスト削減できる理由

img-1

外部のサービスを利用すると、自社で運用するよりもコストがかかることが多いのですが、AWSのクラウドデータベースは話が違っていて、コスト削減に役立ちます。



外部に委託した場合、委託報酬なり利用手数料なりを支払わなければなりません。



AWSのクラウドデータベースでも料金を支払うことは必要ですが、それでも自社で運用するよりも安くなる場合が多いです。その理由はスケールメリットです。



サーバを構築したとしても、すべてのリソースを利用すると言うことは少ないでしょう。



ある程度の余裕を持ってサーバを構築することが多いです。
つまり、無駄な部分が発生してしまうわけです。



AWSのクラウドデータベースを活用すれば、この無駄を抑えることができます。


多くのユーザがいれば余裕として確保する部分も小さくて済みます。
使っていない部分を別のユーザに回すと言ったことができるために、スケールが大きくなればなるほどコスト削減はできるわけです。



このようなこともあって、AWSのクラウドデータベースを利用する方が、自社でデータベースを構築するよりもコスト削減ができるというメリットがあるのです。



料金は従量制で要求されますから、使わなかった時期にはあまり料金を支払わなくて良いです。


固定費を削減できるという点でも優れていると言えるでしょう。


全体的に見れば、自社で運用するよりもコスト削減にはつながります。



自社のサーバをそのままクラウドデータベースに移行するのも良い方法です。

関連リンク

img-2
AWSのクラウドデータベースの強みとは

AWSのクラウドデータベースは柔軟に対応できるプラットフォームです。現在、インターネットビジネスでは多くのユーザを抱えることが必要となります。...

more
img-2
EC2の対応スケールについて

小さい規模で成立したことが、大きい規模では成立しないといったことは、コンピュータの世界だけではなく、色々なところで観察されることです。規模が大きくなってきたときに、どのように対応していくのかを考えていかなければならないのですが、そのためのものとしてEC2は優れています。...

more
top